知識が必要

白いキーボード アップ

パソコンには常に故障が懸念されます。
特にハードディスクトラブルは、データ紛失等重大な問題に発展します。
一般クライアントパソコン、以下pcをお使いの場合データのバックアップをとっておられる方は多いでしょう。
一般クライアントpcでしたらこれで十分だと思います。
しかし業務等でサーバーやNASをお使いになられている場合はraidについての知識が必要です。
サーバーやNAS内部は、一般クライアントと異なり複数のハードディスクを搭載しています。
一般クライアントでしたら、通常ハードディスクは1つです。
データは全て1つのハードディスク内に保存されています。
この状態では万一ハードディスクに故障が発生した場合、最悪全てのデータを失います。
raidとは複数のハードディスクを利用し、全く同じデータを複数のハードディスクに保存しハードディスクのクローンを作ったり、複数のハードディスクに分散してデータを保存し、万一その中のハードディスクが故障した際、自動的に故障したハードディスクのデータを他のハードディスクにより保護できるようにした技術です。

万が一の事も

クライアントpcでよく使われるデータバックアップでは万一のトラブル時に、OSインストール後、手動でデータを復旧させるのが一般的です。
このトラブルにおける最も多い原因がハードディスク故障によるものです。
raidとはバックアップとは異なりハードディスクの故障を想定した技術である為、最悪の故障以前に対策が打てます。
予兆発生時にハードディスクを交換すれば何事も無かったように元の状態に戻ります。
現在市販されているNAS等は標準でこのraid機能が搭載されていますが、それだけで絶対に安心ではありません。
重要なのはこの予兆に必ず気づく様に機器を設定、設置する事です。
予兆発生時には必ず何らかの異常アラームが発生するようになっています。
しかしあまりにも見えない場所などに設置されていれば、予兆アラートに気づかず、さらに状態を悪化させ最悪の状態におちいるケースもあります。
アラート音を大きく設定し、予兆に必ず気付けるようにしてください。
また設定により予兆発生時にはメールで管理者へ通知する機能もあります。
このメール通知機能を使えば更に管理は楽になります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031